夏休みの自由研究の正しいすすめ方

From :造形工作師:キッシー


あれよあれよという間に夏休みの終わりが近づいてきましたね。

まだまだ遊び足らずにのんびり過ごしていると、


「宿題したの!!」


と、声が飛んでくるのはどんな時代も夏休み終わりの風物詩ですよね。

そんな子どもたちは声は届いているのかいないのか、親の気持ちとはうらはらに、親が憂鬱になる問題があります。それは「夏休みの自由研究」ではないでしょうか?


「夏休みの自由研究はどうしよう?」


と悩んでいる親御さんは多いのではないかと思う。


「子どもの宿題やし、やりたいことやればいい」

と、割り切れればいいですが、そんなわけにはいかないのが現状ではないでしょうか。


「自由研究」は、子ども自身が興味をもって研究するためのもの


子どもが主体で行うことは間違いありません。ですが、子どもの学年に合わせて、適度に親が誘導または手助けをしてあげると、親子ともども納得ができる「自由研究」を仕上げることができます。

そこで「夏休みの自由研究」を正しくすすめるコツをお教えします。


⇒サッカーゲームの工作講座はこちら



自由研究の正しいすすめ方




1.「準備」


工作物なら必要な材料を準備します。

材料の準備をするとともに、「自由研究のスケジュール」を立てる。それをノートにまとめるか、模造紙にまとめるのかも準備する。または、習い事がない日、旅行の前後日以外、時間をつくって取り組めるようにスケジュールを決める。

※できる限り時間管理(タイムマネジメント)も決めさせるとなおいい。


なるべく短期間で仕上げてしまいたくなるが、夏休みの間には体調が悪くなることや、イベントが続くこともあり、スケジュール通りに進まないことがあるかもしれません。

慌ててまとめることにならないように、予備日も設けるようにする。



1.「テーマを決める」


子ども自身にに研究したいことを聞いても、あれもこれもとなり、まとまりがないことがある。なのでまず、

「テーマ」を決める

ことが大事。

なんでもそうですが、あくまでも「親が決めないこと」です。

親から見れば、こっちの「テーマ」の方が調べやすい、こっちの「テーマ」は時間がかかりそうなどついつい親が誘導して決めてしまいそうになりますよね。

子ども自身が決めた「テーマ」ではないと、結局途中で飽きてしまったり、やる気が維持できなくなったりします。それならば、はじめから子どもが決めるようにすれば、自分自身で決めたことを途中で投げ出しそうになったとしても、「自分で決めたん?」となる。



3.「インターネットに頼らない」


これ結構重要です。

今の環境ではすぐにネットにつなげれば何でも調べることができますよね。

インターネットを使えば簡単に情報を得ることができ、実際に目で見たり触ったりしなくても、なんでも詳細にわかるようになっています。

ですが、そのせいで辞書を引くことができない子どもが増えているのも実情です。暑い中出掛けることがついついおっくうになってしまいそうですが、できるだけ


「自分の足と頭を使って」


調べたり、実際に自分の感性写真を撮るなど、体感と体験ができるようにしましょう。これは、

「思考力」と「生きる力」

にもつながってきます。



4.「編集する」


最後にまとめることが苦手な子どもが多いと思う。

自分だけががわかるようにではなく友達や他人が見てもがわかりやすいようにまとめるように編集する。

いかに人に伝えられるかもコミュニケーション力をつけさせるにも重要である。

どうすれば伝わるか、考えてまとめる編集力もつけさせるといい。




まとめ


実際にはそこまでうまく進められないと思いますが(著者自身もダメですが(笑))粘り強く見守ってあげ、本人の意志がはっきりすれば何も問題ないでしょう。

されど自由研究、

しっかり達成してみましょう!



アースリートデザイン

造形工作師/キッシーの造形デザイン&工作教室

0コメント

  • 1000 / 1000