ハンマーの種類とモノづくり

From:造形工作師:キッシー



「ハンマープライス!」


というフレーズで親しみのある「ハンマー」

そんなハンマーにも用途によってはいろんな種類があることはご存知でしょうか。


一般家庭でもDIYを楽しむ人が多くなってきたせいか、

簡単な家具の組み立てなどに欠かすことのできない道具でもあり、

「トンカチ」や「かなづち」なんて言い方もするかと思います。


でも実は、それらの違いがイマイチ分からないという方も多いかと思う。

※実際に木づちなんかでクギを打ってしまう方もいたりもする。


材質や形状、用途がそれぞれ異なり、いざ選ぼうと思ってもどれにすべきか判断しにくい、、、


そこで今回は、ハンマーの種類を解説しながら、あなたのDIY作業内容にあったものを見つける際の参考にしてみてくださいね。


そもそも「かなづち」とは?


金づちとは鉄製の槌(つち)のことでゲンノウ(玄能)、トンカチ、ナグリ、ハンマーなどさまざまな名で呼ばれる。種類も非常に豊富で、釘を扱うことに限定しても大工仕事用のものもあれば、建具用やいにしえの箱屋用のものもある。



名称の違い


かなづち、とんかち、ハンマー、玄能……

いったいどれが正しいのか。。

さまざまな呼び方があるけれど、どう違うのか???


ざっくり説明すると、


●鑿を叩くものを玄能、釘を叩くものを金槌。

●両口のものを玄能、片口のものをかなづち。

●とんかちは、かなづちで叩いたときの音に由来するので、正式な名称ではない。

●ブロックやレンガを割るのに用いるものがとんかち。




種類名称


●玄能(ゲンノウ)(両口ハンマー):平面と曲面をあわせ持つタイプ

●片手ハンマー:釘打ちタイプ

●ネイルハンマー:くぎ抜きつきタイプ

●プラスチックハンマー:樹脂ヘッドタイプ

●ゴムハンマー:軽作業用ハンマー(家具などの木製品の組み立てに使うタイプ)

●ペグハンマー:キャンプのペグ打ちなどのアウトドアシーン用タイプ

●木槌(きづち):材料の継手をつなぐハンマータイプ




玄能(ゲンノウ)(両口ハンマー)


片面は平らで、片方は丸くなっている。この丸みは木殺し面とも呼ばれている。片側が平で反対側が少し膨らんだ形になっていて、木が傷付かない配慮がされている。片手ハンマーよりも重量があり、鉄工作業で使われることが多い。

※丸みは何のためにあるか

曲面の側は木殺しといわれ、釘の頭をしっかりと打ち込み周囲の木材の面にそろえる際に使う。曲面であるため材料の表面に跡が残りにくい。

※鉄工作業全般、建築・土木作業全般、板金・解体作業、アンカー




片手ハンマー


ハンマーの中で1番スタンダードなタイプのハンマー。頭部形状の片側が平ら(平頭)で、反対側が球状(丸頭)になっている。ハンマーの中で1番スタンダードなタイプのハンマーです。工場向けで、鉄工作業全般で使用されます。刻印やポンチ・マークの打ち込みなどにも使用されます。趣味でレザー製品を作る方にもおなじみです。

※鉄工作業全般、刻印・マーク・ポンチの打込み




ネイルハンマー


西洋から入ってきたハンマーで片側が釘抜きとなっている。片面が平らになっており、反対側に釘抜きが付いたタイプ。軽量で重心が安定しているため、女性や初心者でも扱いやすくなっている。打ち損じのクギを手早く抜くことができる合理的な組み合わせでさらに大きなクギ抜きを備える。西洋生まれのせいか曲線的となっている。

※釘打ち・釘抜きなど大工作業全般




プラスチックハンマー


柔軟性と硬さをあわせ持ち、対象物に傷をつけたくないときに使う。車やバイクの整備など、ボディへのダメージを防ぎたいときや、木工品工作や家具組み立てに適している。

※治具の取り付け、金型作業、機械の組立・修理等、木製品の組立てに使用




ゴムハンマー


相手にたたいた跡が残りにくいので木材を組む時に直接たたいて使用できる。重量があるので樹脂ハンマーよりもしっかりたたくことができる。

主に木製品の組み立て作業が中心となる場合に使用。ゴムなので木材を傷つけにくく、美しく仕上げることができる。

※プラスチックとゴム、ゴムと金属など、片側ずつ違う素材が使われたコンビネーションタイプもあり、こういったものは用途に応じて使い分けられる。家具や建具の調整、木工製品のダボをはめ込むなどに使う。

※家具、木製品の組み立て、レンガ・ブロック等の施工作業に使用




ペグハンマー


一般的に金属製とプラスチック製がある。 「ペグ」を地面に打ちつけたり、地面から引き抜いたりする時に使うハンマー。「 ペグ」とはテントやタープを設営する時に、ロープを地面に固定するために使用する、釘や杭の事。

※キャンプ、ペグうち抜き専用




木槌(きづち)


頭部が木でできた小型のハンマー。木部のはめ込みなど傷をつけたくない作業に使用する。

※のみや鉋の打ち込み、木製品の組立て、日曜大工・工作に使用




まとめ

トンカチと一言でいっても使用目的によっては仕組みが違うのがお分かりいただけたかと思います。

適材適所で道具の仕組みや使用方法を学べるのもDIYの楽しみですので、ぜひ道具のつくりも感じながらいろんなモノをつくってみてくださいね。



アースリートデザイン

造形工作師/キッシーの造形デザイン&工作教室

0コメント

  • 1000 / 1000